通信講座を選ぶときの教材について

魅力的な教材であること

魅力的な教材であるということは、とっても重要です。
ただ、
魅力的ということは、個人によって感じ方が違うため
いろいろな方向性で示されています。

 

通信講座の教材は、そのほとんどが紙ベースです。
つまりテキストは、基本的には本ですよね。
特に国家資格のようなものは、資格試験が紙で行われます。
ということは、勉強も紙でやったほうがいいですよね。

 

しかし、現代社会というのは、良かれ悪しかれどうしても
デジタルデータが生活に入り込んでいます。
そして、このようなメディアを有効活用すると
勉強も効率アップするという世の中です。

 

何かを憶えるというのが勉強ならば、
それに一番インパクトを与えるのが映像です。
もちろん映像は音声も伴います。
通信講座で最も一般的な音声及び映像情報はDVDです。
多くの通信講座会社が使っていますよね。

 

そして最近では、かなり常識となっているのが
ダウンロードです。
パソコンでの勉強ですね。
これは、基本的にはDVDと同じですが、
メディアへの記録や発送がない分、
コストダウンにつながります。

 

さらに、スマホ対応になったりすると、
いつでもどこでも勉強ができるようになります。

 

教材の魅力を図るには
@テキストがいかに分かりやすい構成になっているか?
A電子メディアにどのように対応しているか?
この2点をポイントとして選びましょう。