行政書士 ステップアップ 社労士

ステップアップできる資格というのが大事

社労士という資格があります。
もちろん、これを読んでいる方はご存知ですよね。
社会保険労務士のことです。

 

これも国家資格で、認定は厚生労働省です。
一般に、行政書士よりは難易度が高いとされています。
合格率は、行政書士とあまり変わらず10%未満です。
毎年8月の後半に試験が行われます。

 

そして、こちらは受験資格が存在します。
誰でも受けていいというわけではありません。
いくつかの要件があり、そのうちのどれかを満たせばいいというものです。

 

その要件の中の一つに、「行政書士」であることというのがあります。
つまり、行政書士であれば、社労士の試験を受けられるということです。

 

なぜかというと、分野は微妙に違いますが
仕事の共通点もかなり見られるからです。
さらに言えば、勉強する分野もある程度似ています。
もちろん社労士ですから
労働法令や社会保障法令がメインです。

 

ただ、行政書士の方のステップアップの目標としては恰好だと思います。
独立開業を目指すならば、ダブルで資格を持っていると
仕事の幅が大きく広がります。
お客様が共通する場合も多く、
それならこっちもお願いします」ということもあるでしょうね。

 

では、どこで勉強したらいいかというと
これもLECが通信講座を持っています。
LECのメンバーになっておけば、
とっつきやすいし、あまり悩まないでもいいし、勘所も教えてくれるし
講座の選び方はこちらのサイトがとっても参考になります

 

いずれにしても、
チャレンジする価値はあると思いますよ。