デメリットもたくさんある

通信講座にデメリットはないのでしょうか?

 

もちろん、ありますよ。

 

通信講座のデメリットといえば、

 

挫折しやすいということです。
通学コースは、
わざわざ高いお金を出して
時間を見つけて
苦労して勉強する。
クラスメイトと友達になり
協力しながら、
励ましあいながら、
目標に向かっていくことができる。

 

それが通信コースにはありません。
クラスメイトがいません。
自分ひとりの孤独な世界です。
いつでもやめられる。
家族の協力が得られにくいのも通信コースの特徴です。
プライベートの時間をわざわざ勉強に振り分けるのです。
そこには、家族と過ごす時間が犠牲になるのです。
そうなると、やっぱり、途中でやめたくなります。

 

続けるには強靭な精神力が必要です。

 

それに、先生が目の前にいるわけではないので
対話をしながら勉強することにはならないのです。
わからないところをじっくりと教えてもらうことはできません。
通信講座は、質問の答えが、
必ずしも的を射たものになるとは限りません。

 

通学コースよりも、終了する人が少ないのは否めません。
ですから、通信講座というのは
メリットもあれば、デメリットもある!
いいところもあれば悪いところもあります。

 

どちらがいいとは一概には言えません。

 

ここで、LECの特徴が出てきます。